· 

立商位置が曖昧な生徒には?

立商位置が曖昧な生徒には?

すこし前に、このブログで

「立商が遅いときは?」を公開しました。

 

すると、

 

「そもそも、

立商位置を間違うんですが・・(^^ゞ」

 

と、貴重なご意見をいただきました。

 

ので、

 

今回は立商位置が

曖昧な生徒への指導についてです。

 

わりざんで

答え(商)を立てる位置については、

 

たとえば、

 

「あーる」「ない」

「ある飛んで前」「ないすぐ前」

「首位数字の大きさ比べ」 などなど、、

 

いくつか指導の引き出しがあります。

 

ただ、わたしは、

 

「かえるぴょこぴょこ」

 

「見ている数字の

の位からつお隣りさんに立てる」

 

とだけ、指導することにしてます。

 

例)24÷6

 

  24

 424 ← 2のすぐ前に立てる

 

例) 9÷3

 

   9

 3飛9 ← 9の2つ前に立てる

 

735÷7

の答え(商)を15としたり、

 

3036÷6

の答え(商)を560とするのは

 

けっこうありますし、

 

100,802÷2なら

油断すると上級者でも間違うかも知れません。

 

弊教室では、

 

わりざんの習いはじめに、

画像プリントで立商位置をマスターします。

 

ので、まったく心配いりません。

 

このプリントは、あえて

 

答え(商)を書くスペースが

箇所しかない優れモノなんですよ。

 

最後に、僭越ながら体験談をひとつ。

 

10230÷682のような問題で

商を105とする間違いです。

 

「どうしてここにをおくの?」と聞くと

“が”がつくから」と答えます。

 

そういった場合には

105÷7の問題をやらせてみます。

 

これなら、立商位置を間違うと、

 

商が実と同じ105となるので

「あれっ、おかしいな」と気づくはずです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ますちゃん (火曜日, 05 7月 2022 21:41)

    が、がつくからとは、どういう意味でしょうか?